引越しを上手くするコツと、安く抑える方法

基本中の基本ですが、まずはとにかく荷物を減らすこと。
引っ越しが決まったらすぐ、使わないものはもちろん、引っ越し先でもすぐに買えるもの(こまごました生活用品や食品類)は順次処分していきます。

家具家電など大きなものは、地域の情報誌やフリーペーパー、不用品譲渡サイトやフリマアプリなどを活用して譲り先を探しました。

荷造りは、季節外れのものからスタート。
すぐに着ない衣類や引っ越し時点で使わない季節家電など、早々に梱包しても問題ないものから始めます。

また、ダンボールへの荷詰めはCDならCDのみ、本なら本のみにして詰め込んでしまいがちですが、そうすると1箱がとても重くなってしまい後が大変です。

CDや本、食器など重いものはダンボールに半分くらい詰めたら、上には衣類やタオル類など「かさばるけど軽いもの」を詰めると運搬や新居での荷ほどきもしやすくなります。

また掃除用具や梱包用品、トイレットペーパー1~2巻きと最低限のタオルや食器類など「旧居で最後まで使うもの」と「新居ですぐに使うもの」はだいたい同じなので、1箱にまとめて箱に記入しておくととても便利です。

の場合は実家から独立して一人暮らしの引っ越しだったので、運送会社の単身パックで引っ越しを手配しました。

普通に引っ越しトラックを手配するより格段に安くなります。
WEB申し込み割引や早割など各社でお得なサービスもあるので、調べてみるとさらに安くなることも。

単身パックは規定サイズのコンテナに入るだけ入れればOKですが、荷物の量が限られるのでとにかく荷物を減らして大物からコンテナに詰めてもらいました。

細かなものはコンテナに入りきらなくても宅配便で送ればいいので、小さな箱・軽い箱は最後にして別便で引っ越し先へ送りました。

自転車やベッドなど特に大きくてコンテナでは運べないものは、運搬費用と引っ越し先で新しく購入する金額をひとつひとつ比較して、新しく買った方が安くつくものは引っ越しが終わってから向こうで用意しました。

また、食器類の梱包も緩衝材を購入するとお金がかかる上に使ったあとゴミになるので、タオルで包んで隙間に衣類を詰めて梱包しました。

引越し 料金